集めれば集めるほど世界が広がる!コレクショントイの魅力

コレクショントイ入門は?

コレクショントイとは、収集することを目的にしたおもちゃです。一般的にわかりやすいのは、グリコやチョコエッグのような食玩ではないでしょうか。お菓子のおまけや販売促進やコラボレーションのために付けられたペットボトル飲料のおまけなどが多いです。もちろん、おまけがメインになったものもありますが、キャラクターものから雑貨のミニチュアなど、何かのついででコレクションしていくのも、コレクショントイの遊び方の一つです。

コレクショントイで目にも心にも彩りを

コレクショントイは食玩のほか、ガチャガチャやフィギュアなど様々な形で展開しています。中でもオススメなのは、ガチャガチャで東急ハンズやロフトなど大型有名店舗にもマシンを置くネイチャーテクニカラーネイチャーテクニカラーシリーズです。自然をテーマとしたこちらは、子ども達に生命力の溢れる自然界の姿を伝えることを目的に作られており、その造形はかわいい小動物からエキゾチックアニマル、海洋生物など様々なジャンルで展開されています。そのため、好きな動物を集めたり、デスクの空きスペースに置き、擬似的に自然を味わうなど大人でも目にも楽しいシリーズです。また、このシリーズは売り上げの一部が義援金・寄付金として東日本大震災の被災者たちや環境保全団体に届けられているため、趣味と募金が一度に行えてしまうのです。

コレクショントイ上級者はこうやって遊ぶ!

コレクショントイは、スケールフィギュアといった比較的大きなものから、食玩のような小さなものまであります。好きなキャラクターを集め、趣味のコーナーを作ったり、ドールハウスや人形などの生活用品にしたりと遊び方は飾る以外にも様々です。今やハローキティーやふなっしーディズニーなどともコラボを果たした縁に掛けて遊ぶコレクショントイの「コップのフチ子」シリーズなどは、フォトグランプリを行い、本として形になっています。もちろん、同じような取り組みをして、SNSやホームページで紹介するメーカーも多いので、写真が趣味という人にもコレクショントイは被写体としておすすめです。おもちゃなんてと大人を理由に倦厭してしまうのはもったいない造形美も中には存在していますので、おかしやお茶のおまけからコレクショントイ生活を始めてみませんか。

使わないおもちゃの買取を業者に依頼する際は状態が良く、欠品が無いことを確認しておくことで査定額を上げることが出来ます。また、汚れを落として綺麗な状態に保つことも査定額を左右するポイントです。


「命名」それは親から我が子への贈り物です

キラキラネーム?原点回帰?

少し前まで、いわゆるキラキラネームと言われる、当て字を使ったりアニメなどのキャラクターネームを付けたりと言う命名の仕方が話題になっていました。子どもに託す親の気持ち、期待や願望・・。様々な思いが名前には込められていることでしょう。グローバル化している現代、海外でも馴染みやすい響きや発音しやすい言葉を選んだり、また、オリジナリティのある珍しい名前を考えてみたり。その逆で、女の子であれば昔ながらの「子」が付く名前を考えてみたりと、悩み始めるとキリがなくなりそうですね。

命名のヒントに!?アプリも登場

最近では、インターネット上で無料で姓名判断が出来たり、名前の画数を調べられたりと、とても便利になっていますね。そんななか、命名のヒントになるようなアプリも登場しているのです。名前の候補がなくても、苗字から検索していくつかの候補を提示してくれたり、最適な画数を教えてくれたり・・。自分たちで何か素敵な名前を考えたいけれども、なかなかコレ!と言う名前が浮かばないような時は、こういったアプリを活用してみるのも良いのではないでしょうか。

全てはその子自身が持っている!!

親になる時人は、こういう風に育って欲しい、こういう人になって欲しい、といろいろと考えてしまうものですが、実はそんな思いに縛られず、赤ちゃんはひとりひとり皆「自分」を持って生まれてきます。名前に込める思いさえも、時には飛び越えて育ってゆくでしょう。姓名判断や画数、そこに込められた願いは勿論大事な思いではありますが、あまりそういった思いに囚われ過ぎずに命名する勇気もあって良いのではないでしょうか。子どもに「命名」と言う贈り物をして、その名前をその子が育んでいく、そんな思いで見守る親心も素敵ですよね。

命名は一生を共にする名前を決めることで、姓名判断を利用してより良い画数の名前を付ける方が多くいます。


これだけは気を付けたい!交通事故のトラブルとは?

任意保険に入っているからと言って安心は出来ない?!

交通事故に遭った人の話を聞くと、スムーズに解決出来たというよりも揉めてしまうケースの方が多いような気がします。中には任意の自動車保険にちゃんと加入しているから、事故に遭っても大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、実は自分のが過失ゼロの事故では法律上、任意保険会社は間に入って交渉が出来ないのです。(基本的に保険会社が交渉出来るのは「相手にいくら賠償するか」のみのため)ですから、追突など自分が完全な被害者になる場合は、相手や相手保険会社と自分で交渉しなければなりません。相手保険会社が支払いを渋ってきたり、相手と連絡が取れなくなってしまったりとトラブルになるケースも多いようです。とりあえず任意保険があっても対応してもらえないケースもある事は覚えておきましょう。

修理費用を全額払ってもらえるとは限らない?!

もし自分の車が交通事故で被害にあった場合、当然請求すれば相手にその修理代を全額支払ってもらえると思っている人がほとんどだと思いますが、実は法律上の賠償責任はあくまでもその車の評価額です。相手保険会社があれば中古車市場などの価格を元に、「今の車の価値は~円くらいなので、それまでしか支払えません」と説明してくるでしょう。つまり例えば10万円の価値しかない車に対して修理費が30万円かかったしても10万円までしか払ってもらえないので修理出来ない場合もあります。実は被害者の立場でもいきなり愛車を失うという可能性もあるのです。

双方で事故状況に対する言い分が違う!

出会い頭の事故など双方に過失がある事故であれば、通常お互いの保険会社同士で過失交渉を行います。通常過去の裁判例に基づいて話し合っていくのですが、事故状況が少し違えば過失割合が逆転する場合もあります。中にはお互いに主張している内容が違っていてトラブルになる事も。しかし残念ながら目撃者がいなければ証拠がなく、泣き寝入りという事もあり得ますよね。最近では安くて手に入るドライブレコーダーも登場していますので、心配な人は付けておいた方が安心かもしれません。

交通事故のトラブルは、証拠や目撃者がいないと解決に時間がかかることが多く、トラブルの相手や保険会社との和解や早期に解決させるには弁護士に相談することが大事になります。交通事故のトラブルなら、交通事故を専門としている交通事故の弁護士に依頼することで、トラブルの長期化を防ぐことができ、早期に解決させることができます。