こんな効果や歴史があった!?岩盤浴のいろいろ

意外と知らない岩盤浴の歴史

今や岩盤浴のお店は日本各地に沢山でき、ダイエットや健康法の一部になっていますが、そんな岩盤浴の歴史を知っている人は少ないものです。かつての岩盤浴は秋田県の玉川温泉が発祥とされており、北投石という高価な鉱石の上にむしろなどを敷いて横たわるというシンプルなものでした。とてもシンプルな方法ですが、この岩盤浴の効果がとてもすごくその当時、沢山の人の体内の不調が改善されていきました。そのため、秋田県の伝統的な温熱治療法となりました。

岩盤浴の気になる効果

人気のある岩盤浴ですが、体にも沢山のいい効果をもたらしてくれます。もともと岩盤浴は温度の高い石の上に横になるものですので汗をたくさんかきますがその汗こそがとても体に良い事なのです。なぜなら、汗をかき体内の代謝を上げて老廃物を体外へ排出することでデトックスすることができるからです。その結果、お肌の調子が良くなり体が軽くなったり、疲れを取ることが出来ます。さらに岩盤浴をすることで体の芯まで温まり、自立神経を整えてくれます。

いろんな岩盤浴の種類

岩盤浴にはいろんな種類が実はあります。その違いは石にあり、石によって得られる効果は少し違ってきます。一つ目は歴史が深い北投石というのがあり、今の日本ではこの石は天然記念物とされています。特徴的な効果としては、細胞の活性化と免疫力を高めてくれる効果があります。二つ目にブラックシリカというものがあり、これは世界的にも希少な天然鉱石のため幻の天然鉱石と呼ばれています。効果として、血液と体液の循環を活発にします。三つ目に麦飯石というのがあり、これは中国にて薬の石と呼ばれ使われてきました。効果としては肌の弾力を高め、その他の美容にも効果があります。このように岩盤浴に使われる石にも様々な種類があります。

女性専用の岩盤浴は異性がいないぶん、安心かつリラックスして利用できます。こうした女性専用の岩盤浴を浦和で利用できる施設があります。

スクーバダイビングをはじめるにはどうすれば良いの?
トレーニング目的?ストレス、運動不足解消?あジム通いのススメ!