スクーバダイビングをはじめるにはどうすれば良いの?

どうやって始めれば良いのか。

テレビなどで、綺麗な海の中を潜って魚たちと泳いでる光景を見て、スクーバダイビングをやってみたいと思ったことのある人、結構多いと思います。スクーバダイビングを楽しむには、最初に講習を受けてCカードという認定証を取得する必要があります。休みがそんなに沢山とれない、お金がかかるんじゃないか、泳ぐのは苦手でも大丈夫なのかと思っていて不安な方は、とりあえずインターネットでCカードの講習会を開いているダイビングショップを探してみましょう。沢山のショップが出てくるはずです。そのなかには時間や予算など、あなたの条件に合うショップが必ずあるはずです。

信頼できるショップ選び。都市型ショップとは。

ダイビングショップには大きく分けて、都市型ショップと現地型ショップの2つの形態に分けられます。都市型ショップは近くに海のない市街地に店舗を構えており、海へ潜りに行くときはツアーといった名目で、お客さんたちとショップで集合し、車で海へ行くといったり、遠方のツアーの場合は空港で集合するといったスタイルをとっています。海までの交通費がかかりますので、当然講習費やツアー料金は割高になりますが、自分の生活圏内にショップがあるため、海へ行くとき以外でも気軽にお店に顔を出したり、ダイビングの相談をしたりする事が出来ます。またどこの海に行っても常にその店の顔見知りのインストラクターと潜るので、慣れないうちは安心感があります。

信頼できるショップ選び。現地型ショップとは。

現地型ショップとは、ダイビングスポットのある海の近くにある店舗の事を言います。関東地方ですと伊豆半島全域、関西ですと南紀白浜が特に有名なスポットです。また沖縄やグアム、ハワイなどのリゾート地にあるショップも現地型ショップの一つです。これらのショップに行く場合、当然、そこまでは自分で交通手段を確保する事になります。但し、ショップ近くに海がありますので、そこからの移動は少なくツアー料金やCカードの講習費も比較的割安です。但しインストラクターは、基本そこの海をホームグラウンドとしていますので、他の場所で潜りたい時には、また違う場所で違うインストラクターと潜る事になります。都市型と現地型のショップどちらも日数3~4日程度で、予算的には都市型は10万程度、休みが合わない場合は、何回かに講習を分けての開催なども相談にのってくれたりします。現地型は講習費4万円前後に交通費、宿泊費を別途予算として考えておきましょう。現地まで行く事を考えるとまとまった休みを取ってから行く事をオススメします。沢山のお店を調べて、電話などで相談すれば、きっとあなたにぴったりと合うお店が見つかります。

楽しいダイビングスポットを探している方は、ぜひサイパンのダイビングツアーに行きましょう。レベルに応じて遊ぶことができます。

廃車にする際に自動車を見直すことで得られるメリット!
こんな効果や歴史があった!?岩盤浴のいろいろ