「命名」それは親から我が子への贈り物です

キラキラネーム?原点回帰?

少し前まで、いわゆるキラキラネームと言われる、当て字を使ったりアニメなどのキャラクターネームを付けたりと言う命名の仕方が話題になっていました。子どもに託す親の気持ち、期待や願望・・。様々な思いが名前には込められていることでしょう。グローバル化している現代、海外でも馴染みやすい響きや発音しやすい言葉を選んだり、また、オリジナリティのある珍しい名前を考えてみたり。その逆で、女の子であれば昔ながらの「子」が付く名前を考えてみたりと、悩み始めるとキリがなくなりそうですね。

命名のヒントに!?アプリも登場

最近では、インターネット上で無料で姓名判断が出来たり、名前の画数を調べられたりと、とても便利になっていますね。そんななか、命名のヒントになるようなアプリも登場しているのです。名前の候補がなくても、苗字から検索していくつかの候補を提示してくれたり、最適な画数を教えてくれたり・・。自分たちで何か素敵な名前を考えたいけれども、なかなかコレ!と言う名前が浮かばないような時は、こういったアプリを活用してみるのも良いのではないでしょうか。

全てはその子自身が持っている!!

親になる時人は、こういう風に育って欲しい、こういう人になって欲しい、といろいろと考えてしまうものですが、実はそんな思いに縛られず、赤ちゃんはひとりひとり皆「自分」を持って生まれてきます。名前に込める思いさえも、時には飛び越えて育ってゆくでしょう。姓名判断や画数、そこに込められた願いは勿論大事な思いではありますが、あまりそういった思いに囚われ過ぎずに命名する勇気もあって良いのではないでしょうか。子どもに「命名」と言う贈り物をして、その名前をその子が育んでいく、そんな思いで見守る親心も素敵ですよね。

命名は一生を共にする名前を決めることで、姓名判断を利用してより良い画数の名前を付ける方が多くいます。

これだけは気を付けたい!交通事故のトラブルとは?
集めれば集めるほど世界が広がる!コレクショントイの魅力